ウィリアムヒル 賭け方

ウィリアムヒルは、オリンピックの時はどうなる?

ブックメーカーで日本人も東京オリンピックに賭けられる

結論から言って、202x年東京オリンピックもブックメーカーで賭けのターゲットになります。

多種多様なブックメーカーが東京オリンピックにスポットライトをあてており、海外のプレイヤーたちの中ではずっと前から予想を始めている人もいるようですね。

ブックメーカーでは簡単に勝敗を予測してベットすることも可能ですし、試合中にベットするライブベットが可能なゲームも存在します。

東京オリンピックの注目競技と気にかかる当該のオッズをチェック

ところで、東京オリンピックがブックメーカーで賭けの対象になることは分かりました。さて、どういった試合にベットできるようになっているのでしょうか?

東京オリンピックでは野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンというような新5競技が含まれた33競技が実施されます。お気に入りのスポーツがあるかどうか、参考にしてみるといいですよ。

ちなみに、2020年3月現在ではオッズが公開されていない競技がほとんどです。

水泳

日本人が絶対と言っていいほどメダルに関与する水泳。

男子200m・400m個人メドレーでは勢いづいた瀬戸大也選手が第一号として内定を決めているのです。

リオで銅メダルだった無念を、東京オリンピックで晴らせるのかどうか?そして、瀬戸選手にもたらされるオッズにも注目です。

アーチェリー

韓国やアメリカが強豪国として誰もが知っているアーチェリー。

アテネ大会で山本博選手が銀メダルをゲットして、日本でもすごく注目されましたね。

日本人に妙味あるオッズが付きそうな競技だけにワクワクしています。

陸上競技

オリンピックのエースともいえる陸上競技。少し前、マラソンでは男子代表に中村選手と服部選手、女子代表に前田選手と鈴木選手が確定されました。トラック競技・マラソン・競歩とあれもこれもで日本代表がメダルの可能性があるだけに、当該のオッズも気になってしまいます。

バトミントン

高橋・松友ペアが金メダル、奥原選手が銅メダルをゲットするなど、リオでの活躍も顕著だったバトミントン。

シングルス・ダブルス双方ともにメダルが期待されているだけのことはあって、ブックメーカーのオッズがわくわくします。

野球・ソフトボール

アマチュアの祭典であるオリンピックではありますけれど、プロ野球から夢のメンバーが結集する野球日本代表。

これまでも、金メダルが見込まれながらも手に届かないこちらの種目ですが、自国開催の東京オリンピックでこそ優勝して欲しいですね。アメリカやキューバに次ぐ低いオッズが付けられることが想定されますが、はたしてどうなのでしょうか?

バスケットボール

八村塁選手や渡辺雄太選手の存在、それにBリーグの創設により話題が高まっているバスケットボール。

W杯とは異なって、オリンピックでしたらアメリカ代表がNBAドリームチームとなるだけに当該の何かと取り沙汰されています。

アメリカのオッズが低いのは間違いないので、これ以外のポイントで勝負するのが間違いないでしょう。

サッカー

ブックメーカーでなによりも人気のスポーツであるサッカー。U-23のカテゴリがメインとは言え、当該の注目度は高いですね。エムバペやハーランドなどといったトップ選手が来日するのかにも期待。日本代表はもちろんですが、どのようなオッズが発表されるのか待ち切れませんね。

ゴルフ

男子ならアメリカ、女子なら韓国と強豪国は定着しているゴルフ。その中で期待されるのが日本の松山英樹選手です。自国開催でどんな活躍を見せてくれるかに注目が集まります。日本人選手に応援ベットをしたい競技の1つですね。

体操

日本のおはこ芸ということもできる体操競技。世界のレベルもアップし、大混戦ということも出来るこちらの競技であるために、日本人選手たちのオッズは妙味が増加するのです。

体操の代表者内定発表も待ちきれませんね

柔道

日本といえば柔道と言っても言い過ぎではないと思います。前回の大会にも出場した高藤選手や大野選手、原沢選手などが最近では代表内定。観戦を行ないながらブックメーカーでまぎれもなく賭けたい競技ですね。

ラグビー

2019年のラグビーW杯で大きな興奮を見せたラグビー。オリンピックでは15人制では無くて7人制で実施されます。

世界ナンバー1のニュージーランドを相手にして前回大会で金星を挙げた日本。東京オリンピックでは優勝をターゲットにしてもらいましょう。

テニス

ブックメーカーでも何かと取り沙汰されているテニス。ジョコビッチやフェデラーというような名手が東京オリンピックで国を担ってプレーすると想像しただけでエキサイトしますね。自国開催となる錦織選手の活躍にも期待しています。テニスはとにもかくにも、ライブベットでプレイしましょう。

バレーボール

優勝候補として男子はブラジル代表、女子でしたら中国代表に注目が集まっているバレーボール。1964年の東京オリンピックでは「東洋の魔女」が金メダルをゲットしているだけに、今回も期待をしてしまうわけです。

若き日本代表にどのようなオッズがつくのかワクワクしますね。

レスリング

吉田沙保里選手が引退を表明し、伊調馨選手が出場権を逃したことにより、世代交代が進展した傾向のあるレスリング。金メダルの複数獲得が定められた競技だけに、東京オリンピックでも遙かに注目されることは間違いありません。

波乱もある競技だけのことはあって、ベット面でも期待が持てますね。